名古屋のオフィスを効率よく運用するために。重要になる動線とは?


名古屋にオフィスを構えた、名古屋にオフィスを移転したというと、周囲には驚かれるでしょう。
名古屋市は大きなビジネス街もあり、有名なところです。
ただ、土地代や賃料がその分お高めということもあり、できる限りそのオフィスは無駄のない運用をしたいところです。
そこで考えておきたいのが、社員の無駄な動きを生まず、働きやすい環境を作る動線づくりです。
ここでは、オフィスで大切になる、動線についてご紹介します。

オフィスで大事になってくる動線とは?

オフィスを構えた際、大事になってくるのは動線です。
動線というのは、人が移動するルートや働くスペース、それらを線として表現したもののことを指しています。
オフィスのレイアウトを考えるときには、この動線を同時に考えなければなりません。
たとえば、「Aデスクをこう置けば、出入り口や会議室にこう向かえるだろう」「Bデスクからはウォーターサーバーにこう向かえばいいだろう」というように、図面を見ながらオフィス設計をします。
一見すると単純なことのように思えるかもしれません。
ですが、実はここは多くの人が失敗している点でもあるのです。
シンプルな動線づくりが求められますが、たとえば出入り口に向かう道が一つしかないと、その道を塞がれてしまった場合、その社員が困ってしまいます。
必ずメインとサブのルートが必要ですが、かといってそれが複雑な動線になってしまうと、それもまた社員の動きを阻害する要因になるのです。
また、人が快適に働くためにはどの程度のスペースが必要であるのか、また通り道にはどの程度のスペースがあるのが望ましいのかなど、ある程度決まっています。
それを知らないでオフィスの設計をし、失敗してしまうケースは後をたちません。

考えられない場合はプロのサポートを受けよう

オフィスを構える際、どうしても考えなければならないのがオフィスレイアウト、そして動線です。
名古屋でオフィスを構える際、不安であればオフィスのレイアウトや内装工事などを請け負ってくれる企業に相談してみることも重要になるかもしれません。
名古屋にはそういったものを請け負ってくれる企業もありますから、オフィスレイアウトや動線づくりで迷ったのであれば、一度は検討してみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。